お問い合わせ

 旭川市民劇場は1971年に設立し、旭川で良質の演劇を観賞し続けている会員制組織です。

4月例会 加藤健一事務所『ドレッサー』

4月 19日(月)18時30分 20日(火)13時30分

会場:市民文化会館大ホール

   

INFORMATION

2021-3-5
【2月例会終了】
 新型コロナ禍の影響が続く中の年度更新例会で、全サークルでの取り組み を行い20名の新規入会を迎えることができました。しかしながら退会が120名 あり、かろうじて1,000人台を確保していますが、50周年を迎えた今年度は、 まさに旭川市民劇場にとっての正念場となります。4月例会以降も、全サークル、 全会員で取り組んでいきましょう
[会員動態] 会員数 1,020名、入会 20名(運営担当10サークル 13名)、 退会 120名

50字劇評「八月の人魚たち」(テアトル・エコー)および
「私の市民劇場賞」
「2020私の劇評」を掲載しました。


2021年4月例会 加藤健一事務所

『ドレッサー』

 第二次世界大戦下のイギリス。とあるシェイクスピア劇団 では、若くて健康な俳優は軍隊に取られてしまい、わずかな 劇団員でなんとか上演を続けていた。心身共に疲弊していた 座長は、ある日突然町中で奇行に及び病院送りになってしま う。座長夫人と舞台監督は、今夜の演目『リア王』の中止を 決断するが、長年座長に仕えてきたドレッサー(付き人)は、 なんとか舞台の幕開けようと孤軍奮闘を繰り広げる。


作=ロナルド・ハーウッド
訳=松岡和子
演出=鵜山仁
出演=加藤健― 加納幸和 西山水木 佐伯太輔 ほか

4月19日(月) 夜 6時30分
4月20日(火) 昼 1時30分
上演時間:2時間35分(休憩15分含む)
会  場:市民文化会館大ホール

2021 Line-up

上演作品の紹介

2022 Line-up

ページのトップへ戻る