お問い合わせ

 旭川市民劇場は1971年に設立し、旭川で良質の演劇を観賞し続けている会員制組織です。

2月例会 劇団文化座『しゃぼん玉』

2月 23日(火)18時30分 24日(水)13時00分

24日昼公演の開演時間にご注意ください!!
通常より30分早くなっています!!

会場:市民文化会館大ホール

   

INFORMATION

2020-12-10
【年度更新・総会のお知らせ】

年度更新

今年の振り返りと次年度の取り組みについて話し合い、 新しい会員証を発行します。
日時:12月21日(月)~24日(木) 各日10:30,13:30,18:30の3回 ご都合の良い日にご出席願います。

総会

第50回総会を下記のとおり開催いたします。
日時:2021年2月6日(土)13時00分
場所:市民文化会館 3階 大会議室
旭川市民劇場が50周年を迎える記念すべき総会となります。 コロナ禍の中厳しい状況ではありますが、開催要領の詳細が決まりましたら 開催案内をお届けします。
2020-12-10
【12月例会終了】
 新型コロナウィルスによる複数の大規模クラスターが発生し、大変な緊張を 強いられる中、12月例会『八月の人魚たち』を開催することができました。
[会員動態] 会員数 1,120名、入会 3名(運営担当2サークル 2名), 退会 15名
50字劇評「送り火」(劇団民藝)および
50字劇評「ひとごろし」(前進座)を掲載しました。

次の2021年2月例会は、劇団文化座の「しゃぼん玉」です。佐々木愛さんは2019年2月の 「三婆」に続いての来旭になります。
コロナ禍の状況は予断を許しませんが、演劇の灯をともしつづけるためにも、 万全の準備で文化座の皆さんを迎えましょう!

2021年2月例会 文化座

『しゃぼん玉』

 肉親の愛に恵まれず、心許す友人の一人としていない孤独な 青年・翔人は、あての無いヒッチハイクの旅を続けていた。あ る夜、ケガをして道端にうずくまる一人の老婆スマと出逢う。 スマを家まで送り届け、翌朝、翔人が目を覚ましてみると、そ こにはスマの孫を見物にきたという村の面々の好奇のまなざし と、暑苦しいほどのおもてなしが待っていた。宮崎県の辺境・ 椎葉村の片隅で、翔人とスマの不思議な共同生活が始まった。


原作=乃南アサ 「しゃぼん玉」(新潮文庫刊)
作=斉藤祐―
演出=西川信廣
出演=佐々木愛 藤原章寛 高村尚枝 瀧澤まどか ほか

昼公演の開演時間が通常と異なり午後1時ちょうどになっています。
30分早い開演ですので、遅刻されないようご注意願います。
 
2月23日(火) 夜 6時30分
2月24日(水) 昼 1時00分
上演時間:2時間30分(休憩15分含む)
会  場:市民文化会館大ホール

2021 Line-up

上演作品の紹介

2022 Line-up

ページのトップへ戻る